子どもの気管支炎!種類別の症状や原因まとめ!治療・対策など

気管支炎と一言に言っても、
「急性気管支炎」
「細気管支炎」

などの種類があります。

この記事ではそれぞれの気管支炎の
特徴や症状、原因などについて
見ていこうと思います。

kid0062-009_w420-e1410828796423

子どもの気管支炎について

急性気管支炎とは?

ウイルスや細菌が
気管支に炎症を起こす病気で
風邪やインフルエンザに引き続いて
起こることが多い病気。

気管支の粘膜がむくむので、
痰が切れにくくゴホゴホという咳が出ます。

急性気管支炎の症状

●発熱
38℃以上の高熱が出ますが、
3日〜4日程度で下がります。

●咳
初めはコンコンと乾いた咳ですが、
次第にゴホゴホという湿った咳に。

●痰
初めはサラサラした痰ですが、
次第に粘り気を増し量も増えてきます。 「子どもの気管支炎!種類別の症状や原因まとめ!治療・対策など」の続きを読む…

子どもの風邪!代表的な症状や原因は?治療・対策まとめ

ウイルスによる鼻や喉の感染症の総称で、
風邪を引き起こすウイルスは数多いです。

赤ちゃんや子どもは
何度も風邪を引くことがあります。

一度かかったウイルスに対しては
抗体を持ちますが、
初めてのウイルスには抗体がないので
風邪の症状が出てしまいます。

特に、保育園や幼稚園での集団生活を
始めた時に風邪になりやすいですが、
子どもは風邪を引きながら免疫力を付け
成長していきます。

051261-1024x768

風邪の代表的な症状と特徴

普通の風邪なら咳や鼻水、発熱などを伴い、
2日〜3日程度で自然に治ります。

重症でない場合は自宅で安静にするだけで、
特別な治療を施す必要はありません。

ただ、風邪かな?と思った時は、
次の2点の気を付ける必要があります。

1:他の病気と区別が付きにくい

咳や鼻水などの風邪症状で
始まる病気は多いのです。

症状が出て2〜3日は何の病気かを
判断しにくいこともあります。

受診しても「風邪でしょう」と
言われると思いますが、
その時点では風邪と思われるが、
もう少し様子を見ないとわからない
という意味合いもあります。

2:合併症を引き起こすこともある

風邪をひくと免疫力が落ちるので、
その間に細菌感染を起こし、
中耳炎や肺炎になることがあります。

風邪の症状が出て2〜3日経っても
なかなか良くならないという場合は
かかりつけ医を受診しましょう。 「子どもの風邪!代表的な症状や原因は?治療・対策まとめ」の続きを読む…

プール熱の原因や症状まとめ!効果的な治療・対策法など

高熱が4〜5日続いて白目が赤くなり、
喉が赤く腫れる病気のプール熱

幼児や学童に多く見られる病気で、
病気の始まりの頃は、川崎病や
溶連菌感染症と似ているところもあります。

アデノウイルスが原因で発症しますが、
最近では迅速検査が手軽にできるので、
アデノウイルス感染症」と
言われることもあるかもしれません。

(アデノウイルスはたくさんの血清型があり、
プール熱以外の病気も起こします)

一年中見られる病気ですが、
接触感染するので、プールに入る機会が多い
夏場に流行しやすいです。

ILLUSION inc

プール熱の原因は?

アデノウイルスⅢ型が原因で発症し、
潜伏期間は5〜7日です。

感染力がとても強く、
特に症状が出てから数日は
家族などにもうつしやすい時期です。

プール熱の代表的な症状

主な症状は高熱、喉の痛み、
白目が赤くなるなど。

最初の5日間くらいは
日に日に症状がひどくなっていきますが、
その後は徐々に回復していき、
2週間以内には完治します。

●発熱

急に高熱が出て4〜5日続きます。
解熱薬を使っても効果があまり出ないことも。

●喉の腫れ・痛み

発熱と同時に喉が赤く腫れ、
痛みを伴うので食欲が落ちます。 「プール熱の原因や症状まとめ!効果的な治療・対策法など」の続きを読む…

子どもの溶連菌感染症!原因や症状は?治療・対策なども併せて

突然の高熱、喉の痛み、
全身に真っ赤な発疹が出る病気で、
赤ちゃんや小学校入学前の子どもに
よく見られる病気です。

溶血性連鎖球菌(溶連菌)という
細菌が原因で感染しますが、
ウイルス性の病気と違って、
細菌性の病気は抗菌薬を使うと
悪化を防ぎ治りも早くなります。

topimg_large

溶連菌感染症の原因は?

原因は溶連菌ですが、
これにはいくつかのタイプがあります。

喉の奥から採った分泌物を調べる
溶連菌迅速検査をすれば結果がすぐにわかり、
直ちにに治療に入れます。

溶連菌感染症の症状は?

●発熱

38℃〜39℃の高熱が一気に出ますが、
咳や鼻水などの風邪症状がなく、
熱と喉の腫れが出てくるのが特徴。

●喉の痛み

喉が真っ赤に腫れ、
食べ物や飲み物を飲み込む時に
ひどく痛みます。

●発疹

溶連菌が喉にいるだけでなく、
毒素が全身に回ってくると
発疹が出てきます。

発熱が出て2日後くらいに
赤くて細かく、
赤みのある発疹が出てきます。

最初はあごや脇の下、手足に出て、
徐々に全身に広がって、
1週間程度続きます。

そして、発疹の終わりかけになると、
指先から皮膚がポロポロむけることも。 「子どもの溶連菌感染症!原因や症状は?治療・対策なども併せて」の続きを読む…

子どものヘルパンギーナ!代表的な症状や治療法!原因は?

急に高熱が出て、
口の中に水疱が出来る病気で、
1歳〜5歳の赤ちゃんから幼児が
かかりやすい夏風邪の一種です。

飲み食いをすると痛むので、
お腹は空いているけど食べられない
という状態になってしまいます。

a0178006_9555658

ヘルパンギーナの代表的な原因と症状

ヘルパンギーナの原因は
コクサッキーウイルスA型が主。

ですが、
他のウイルスも原因になるので、
繰り返しかかることもあります。

ヘルパンギーナの症状は
口の痛みが特にひどいので、
不機嫌になったり、
飲み食い出来なくなります。

が、
約1週間程度で治ることが多いです。

●発熱

高熱がいきなり出ますが、
2〜3日で下がります。

咳や鼻水などの風邪症状が出ないのも
ヘルパンギーナの特徴です。

ですが、
一気に高熱が出るので、
熱性けいれんを起こすことがあります。

●口の中の水疱

発熱と共に、
喉の奥に水疱が出来ます。

水疱が破れるとただれた状態になり、
痛みを伴うようになります。

そのため、
食欲が落ち不機嫌になり、
ツバを飲むだけでも痛むので、
よだれを垂らすこともあります。

●脱水症状

水分の摂取量が減るので、
脱水症状を起こしやすいです。

特に赤ちゃんは
脱水症状になりやすいので注意を。 「子どものヘルパンギーナ!代表的な症状や治療法!原因は?」の続きを読む…

子どものおたふくかぜ!原因や症状、治療法は?合併症の可能性も

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は、
耳の下が腫れおたふく顔になるのが特徴で、
幼児〜学童にかけてよく見られます。

保育園・幼稚園で流行しますが、
うつっても症状が出ないことが
稀にあります。

おたふくかぜは一度自然感染すれば
十分な抗体ができるので、
再度かかることはありません。

予防接種で防ぐことも可能ですが、
接種してもかかる時はかかるものの、
症状が軽く済みます。

9003082

子どものおたふくかぜ!原因は?

ムンプスウイルスが原因で、
潜伏期間は2〜3週間。

他の人にうつしやすい時期は、
耳下腺が腫れる6日前から、
症状が出た後10日程度です。

おたふくかぜの症状は?

耳下腺の腫れが特徴的で、
発熱があるのにそれ以外の症状を
(咳、鼻水、吐き気)
伴わないのも特徴です。

2日目頃に最も症状が強く出ますが、
1週間程度で治ることが多いです。

●耳下腺の腫れ

突然、
耳の下からあごの辺りが腫れ、
押したり食べ物を噛むと痛みます。

両方とも同時に腫れる場合、
片方が先に腫れ、もう片方が
後から腫れる場合とがあります。 「子どものおたふくかぜ!原因や症状、治療法は?合併症の可能性も」の続きを読む…

ダウン症の診断ってどんな検査をするの?

ダウン症の診断は
染色体分析」によって行われ、
このような検査を「診断検査」と呼びます。

一般的には血液を用いた
染色体分析が最も簡単で安全とされており、
広く用いられている診断検査です。

また、血液ではなく、
身体の他の組織を一部採取し、
組織培養して染色体分析を行うことも可能。

ですが、
この診断検査が用いられるのは特別な場合。

例えば、
胎児がダウン症かどうかを診断する時などです。

baby3

羊水検査について

羊水を用いた染色体分析は、
妊娠15週前後になると十分になる羊水を
用いる診断検査です。

羊水を採取することを
羊水穿刺:ようすいせんし」と言います。

採取した羊水の中には、
胎児の身体から剥がれ落ちた細胞が
たくさん含まれていて、
これを分析することで結果が分かる
という流れになっています。

が、
確実性や分析できる細胞の
数が少ないなどの理由から、
このやり方は就留とはいえません。 「ダウン症の診断ってどんな検査をするの?」の続きを読む…

子どもの水ぼうそう!予防接種で対策できる?原因・症状・治療など

虫刺されのような発疹が現れ、
ひどいかゆみを伴う「水ぼうそう

特に赤ちゃん〜幼児がかかりやすく、
感染力も非常に強いので、
保育園や地域で流行することもあります。

全身状態はそれ程悪くなりませんが、
かゆみが強く不機嫌になったり、
眠れなくなったりするので、
面倒を見るのが大変になるかもしれません。

0246_LL

子どもの水ぼうそう!予防接種で対策できる?

水ぼうそうの予防接種は
任意接種」となっているので、
費用が自己負担になります。

また、
接種を2回受けることで
より予防効果を高めることができます。

1回目の接種は1歳を過ぎてから、
2回目の接種は1回目から3ヶ月経過したら。

ただし、
水ぼうそうの予防接種より先に
「麻疹:はしか」の予防接種を
受けておくようにしましょう。

こちらは「定期接種」なので、
無料で接種することができます。
>>子どもの麻疹!症状や対策!予防接種を受ける時期は?

水ぼうそうの原因は?

水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因で、
2〜3週間の潜伏期間を経て発症します。

人に移しやすいのは
発疹が出る1日前〜発疹が全て
かさぶたになるまでです。

兄弟姉妹が水ぼうそうになると、
ほぼ必ずみんなに感染し、
年齢が高い方が重症化しやすいです。 「子どもの水ぼうそう!予防接種で対策できる?原因・症状・治療など」の続きを読む…

子どもの麻疹!症状や対策!予防接種を受ける時期は?

高熱や咳などを伴うため、
体力を著しく消耗するうえ、
肺炎や中耳炎などの合併症を
引き起こすことが多い「麻疹:はしか

約1,000人に1人の割合で
脳炎や肺炎を併発し、
命を大きく左右することもありますが、
予防接種を受ければ防げる病気です。

299050

子どもの麻疹の原因は?

原因は「麻疹ウイルス

10日〜12日の潜伏期間を経て、
咳や鼻水など、風邪によく似た
初期症状が出てきます。

家庭や保育園、学校などで
毎日いっしょに過ごしている人が
麻疹を発症した場合、
予防接種を受けていなかった人は
必ずと言っていい程感染します。

子どもの麻疹の症状は?

麻疹の症状には、
潜伏期間→カタル期→発疹期
→回復期
というものがあります。

潜伏期間

麻疹ウイルスが体内に入ると、
10日〜12日程度の潜伏期間があります。。

カタル期

始まりの3日〜4日間は、
37℃〜38℃の発熱、咳、鼻水など
風によく似た症状が出ます。

その後、一時的に熱は下がりますが、
再び発熱します。
二峰性の発熱

発疹期

最も症状が強い時期で、
再び高熱を伴い、3日〜4日続きます。

白目が充血し目やにが出てきて、
口の中に白いポツポツ
コプリック斑」が出てきます。

その後、
顔や耳の後ろなどに5mmくらいの
丸くて赤い発疹が出てきて、
段々と全身に広がっていきます。

体全体に出来た発疹同士がくっつき、
網目状になります。 「子どもの麻疹!症状や対策!予防接種を受ける時期は?」の続きを読む…

ダウン症の人の寿命は短い、早産しやすいって本当なの?

ダウン症の人の寿命は短い、
という説があるのですが。

一般的に「短命」というと、
どれくらいの年齢になるのでしょう?

平均的な日本人の寿命は「83歳」
※2014年時点

ですが、
ダウン症の人の寿命は
約50歳前後」と言われています。

ill-nayami-w2-l

ダウン症の人の寿命は短い?

確かに、
一般的な日本人の平均寿命と比較すると、
ダウン症の人の寿命は短いと言えますが。

だからといって、
10歳までしか生きられないとか、
成人するまで生きられないかもしれない
ということはありません。

ダウン症だけでなく、
その他の合併症を患っている場合は、
そちらの治療が上手くいかずに
命を落とすこともありますが…

「ダウン症」そのものが原因で
亡くなるということはありません。 「ダウン症の人の寿命は短い、早産しやすいって本当なの?」の続きを読む…