子供が誤飲した時の症状や対処法【たばこ、洗剤、硬化、ビニール袋】

飲み込んではいけない異物を
飲み込んでしまう事故を
誤飲」と言います。

たばこ、医薬品、洗剤、化粧品、
硬化、ビニール袋、風船、お酒
など。

生後5ヶ月〜1才代の子供は
何でも口に入れてしまうので、
目を離さないことはもちろん、
手の届く所にものを置かない
という対策も必要。

また、はいはいするようになると、
自分で引き出しや戸棚を開けることもあるので、
鍵をかけたり、ストッパーを付けるなどして
開かないための対策を。

teething-400x300

誤飲した時に生じる症状

誤飲した異物は食道を通過し、
胃・腸の消化器系に入り、
中毒や健康障害を起こします。

そのまま便と一緒に
排出されることも多いですが、
たばこの吸殻など毒性が強いものだと、
不機嫌、けいれん、呼吸困難などの
中毒症状が現れます。

重症化すると、
意識不明や心肺停止状態になることも。

画鋲やピンなどを飲んでしまうと、
喉に刺さって激しく痛んだり、
小さなおもちゃを飲んで食道に詰まり、
呼吸が苦しくなったりすることもあります。

誤飲したことがわかったら

以下4つの対処を行うのですが、
異物の中には吐き出していいものと
そうでないものがあります。

その種類も紹介しているので、
参考にしてください。

誤嚥したものを特定する

何を飲んだかを特定し、
どれくらい飲んだかを見極めます。

子供の手や口についているもの、
口の中に見えているものや匂いなど

様子をしっかり見て確認を。

口の中に残ったものをかき出す

誤飲したものが残っていたら、
指でかき出して取り除きます。

この時、
喉の奥に押し込まないように注意。

また、水や牛乳を飲ませていいか、
吐かせていいかを確認するのですが、
わからない時はかかりつけ医に電話、
もしくは「中毒110番」に電話を。

吐かせていいものは吐かせる

水分を飲ませると吐きやすくなり、
毒性も薄まります。

飲ませる時は
暴れて口の中に詰まらないように、
体を毛布などでくるみ、
なるべく口の小さい器で飲ませます。

物を吐かせる時は、
片膝を立てももの上に
赤ちゃんをうつ伏せにして乗せます。

胸よりも頭が低くなるように抱え、
指を口の中に入れて、
舌の奥を舌に押して吐き気を催させます。

これを何度か繰り返しましょう。

1.natukaze-kodomo

【吐かせるもの】
たばこ
→吸い殻であれば何も飲ませずに吐かせる

大人用の薬
→水を飲ませて吐かせる

口紅・乳液・化粧水
→化粧水は水を飲ませて吐かせる

防虫剤、防虫剤
→水を飲ませて吐かせる(牛乳はNG)

【吐かせないもの】
ボタン電池、画鋲、ピンなど
→何も飲ませない

シャンプー・リンス
→水か牛乳を飲ませるが吐かせない

マニキュア・除光液
→何も飲ませず吐かせない

洗剤
→水か牛乳を飲ませるが吐かせない

灯油
→何も飲ませず吐かせない

全身状態を確認

ぐったりしている、
顔色が青白くなっている、
呼吸が苦しそうなどの
サインがないかを確認。

様子がおかしい場合は、
かかりつけ医、中毒110番、
いずれかに電話して指示を仰ぎましょう。

こんな時はすぐに救急車を

  • 毒性の強いものを飲んだ
  • 画鋲や針など尖ったものを飲んだ
  • ひきつけ、けいれんを起こしている
  • 顔が真っ青になって呼吸困難になっている

>>赤ちゃんを土日や夜間に病院に!時間外受診や救急車の呼び方!

コメントを残す